2015年08月25日

小春さんの肉球の今。

今日は台風のため朝散歩は断念しました。
散歩を断念したのはいつ以来でしょうか。
それほど今回の台風は強力でした。

九州の大牟田に住む仕事先の人に聞くと、
家が揺れるほどの強風だったそうです。

風が強いのか家が弱いのか悩むなあ・・・




さて今日は肉球の話。
ずいぶん前に肉球メンテの話をしたことがあります。
「やってますか、肉球メンテナンス」2015/3/4

あの時以来、肉球ポンポンを毎朝一回やっていましたが、
最近ついに肉球ポンポンの中身が無くなりました。




image.jpg
肉球ポンポンこと「パウソフト」の現在です。
小春さんに弄ばれてボロボロです。





image.jpg
小春さんの鼻が届かないような場所に置いてるんですけどね。
なぜか気付いたら持ってきてます。
パウソフトの意思でしょうか。(なにそれ怖い)



肝心の肉球の状態ですが、以前より表面がザラザラしています。
カーペットの上を歩くとガサガサと音がします。



image.jpg
おっさんのカカトのようになってきてます。

あ、私のはそんなことにはなってませんが。




image.jpg
別角度から。
前足も後足も似たような状態です。

夏だから?
熱いアスファルトの上を歩くから?

むしろスパイクみたいに滑り止めになって良いのでしょうか。
肉球は見せ物ではないし機能的な状態ならそれでいいんですけど。




image.jpg
とりあえず「パウソフト」の次は「パウクリン」にしました。
今度は肉球ポンポンではなく肉球スプレーです。
プニプニ感より清潔にできそうなものを選びました。



それにしてもパウってなんだろう…
調べてないけど肉球だろうなきっと。

タグ:肉球
posted by ぺー at 21:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

小春さん、初めての思い出。〜外出〜

今日は出張のためSAGAに来ています。
カープ情報から逃げられると思ったらBSでカープの中継してる・・・
もーやだーみたくなーい(棒読み)


今日は小春さんとの「初めて」を思い出したいと思います。

初めて愛犬と外出した日のことを覚えてるでしょうか?
我が家ではワクチン接種が終わる前にペット用のカゴに入れて、
小春さんを小脇に抱えて散歩していました。

写真見てたらじわじわ思い出してきました。

目的は「社会化」だったように思います。
最初は家の周りだけでしたけど公園などにも外出して
匂いや音に慣れてもらったように記憶しています。

初めて外に出たころは耳や鼻をピクピクさせるだけでしたが、
すぐに慣れてカゴから落ちそうなほどに身を乗り出していました。
かわいかったですねえ。
好奇心の塊、という言葉があれほどぴったりな存在もなかったです。

また子犬を小脇に抱えていると犬好きでなくても視線を集めました。
無愛想な顔して突っ立ているおじさんが横にいるのに、
いろんな人が小春さんを見て「かわいい」と頭を撫でてくれました。
おじさんを撫でる人はいませんでした。

ただ何十分も歩いているとさすがに重かったですね。
当時で3〜4kgだったでしょうか。

「これが・・・命の重さか!」

とおじさんは叫びました。
本当に命を預かってる感じでした。
あの頃の気持ちをたまに思い出すのも新鮮です。



image.jpg
2014年5月4日
初めて家の周りを1週。
好奇心一杯でした。



image.jpg
2014年5月6日
市内のバラ公園にて。
初めてバラを食す(未遂)



image.jpg
2014年5月11日
市内の春日池公園にて。
この日は暑かったことを思い出す。
手を掴んで何をしているのだろうか。



image.jpg
同じ日の春日池公園。
この手が好き。



image.jpg
2014年5月17日
笠岡ベイファームのポピー畑。
あれから1年、まさか毎週行く場所になるとは思ってなかった。



この1週間後、
小春さんは初めて自分の足で本当の散歩を経験することになります。
犬に歴史あり。



image.jpg
現在の小春さん。
「1人少ないと部屋が広くてのびのびできるなー」










posted by ぺー at 19:07| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

愛犬家男子に小春さんも胸キュン。

昼まで今日は水曜日だと思ってました。
損した・・・(損はしてない)



そんな夕方の疲れた私の心にこの記事が染みました。

「意外な一面に胸キュン!愛犬家男子の好印象なセリフ」スゴレン

まあ、昨今は何でも「女子」を付ける風潮がありますよね。
例えば・・・カープ女子とか。

う、カープ・・・緒方・・・守備固め・・・



すみません、少し頭痛がしました。
そんな風潮のなか、ついに出ました「愛犬家男子」。

人間相手なら気持ち悪いこと間違いなし、
しかし愛犬相手なら微笑ましい、胸キュン!
ということらしいです。

私、残念ながらすべて当てはまってます。
WEBカメラはまだ実装していないけど検討中です。

そこでこの記事を参考に女子がキュンキュンするワードをすべて盛り込んで文章にしてみました。

愛犬家男子:
「うちの子がさあ、ちょっとツンデレなんだけどシャンプーすると喜ぶんだよね。
先日は息子を・・・ああうちの愛犬をね、ドッグカフェにも連れて行ったんだ。
WEBカメラ見る?ね、すごくかわいいでしょ?
俺の足音とか聞き分けられるからね。ほんと、こいつがいるから頑張れるよ。」

どうでしょうか。
なぜかキュンキュンというよりイライラしますね。
殴ってギャフンと言わせたい。

私は人間女子より小春さんをキュンキュン言わせたいです。
(あれ、なんだか危ないおじさんみたいになったぞ)



image.jpg
キュンキュン言わせるつもりがガウガウ言わせてます。




image.jpg
小春さんの場合、食欲に胸キュンです。
いや、腹キュン?





タグ:愛犬家男子
posted by ぺー at 18:32| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【ブログ村ランキング参加中】
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑もしよければクリックお願いします。