2015年09月11日

野良犬に遭遇、その時小春さんは。

栃木、茨城を中心に大変な災害になっていますが、
私の住む地域も海抜0M以下の干拓地帯なので他人事ではありません。
避難グッズや保険など見直す機会かもしれません。

そんな福山市ですが今朝はまた一段と寒い朝でした。
空は真っ青で「秋晴れ」という言葉がすでに似合う季節になったようです。

もうさすがに残暑はない・・・かな?



つい先ほど行ってきた朝んぽでの話。

朝はほとんど同じコースです。
なのですれ違うワンコやノラ猫はほぼ顔なじみです。

そんな見慣れた風景の中、前から一匹のワンコが近づいてきます。
ここで一瞬私の脳みそがノイズを起こします。

「ん?何か違和感が・・」

まさに脳トレといっていいでしょう。
風景の一部が変わっていきますので当ててください、と言われているようです。
今一度よくワンコを見て気付きました。

飼い主がいない!

いや〜スッキリしました。
茂木先生のアハ体験みたいな感覚ですね。

小春さんより一回り大きく、細身で、白地に黒ブチのタレ耳ワンコです。
首輪もつけてないのでノラ犬と思います。

走るわけではなく速歩といった感じでチャッチャと近づいてきます。

「あれあれ?近づいてくるけど、これ大丈夫だろうか?」

だいたい犬といえばすれ違う際にはリードをビンビンにして、
お互いガウガウやっちゃうものです。

飼い主いなかったら抑制きかないんじゃないか。
緊張が走ります。





ノラ犬君は小春さんには目をくれることもなく、
チャッチャッチャッと肉球とアスファルトの音を残し去って行きました。

自由奔放な彼らに飼い犬など眼中にないようです。
なんとなく、残念です。

そしてスマホ持ってきてなかったので写真を撮れなかったことを後悔しました。




image.jpg
朝んぽ前にケージ内から睨みつけてくる小春さん。

「お前のブログ、文字ばっかりだな」と怒っているわけではありません。


posted by ぺー at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【ブログ村ランキング参加中】
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑もしよければクリックお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。