2015年04月12日

小春さん、ドッグランで悲鳴を上げる。

今日のカープは残念でした。
流れは完全にカープでしたけどね。
中継ぎ以降に大いに課題ありです。

今日のナカーザキーといいナカタレンといい
チームマエケンは結果出てないですなあ。



さて、昨日のことです。
夫婦ともに休みだったので小春さん連れてお出かけしてきました。

目的地は「ドッグラン&カフェBowWow」です。
場所は岡山市東区で福山市からは高速使って1時間ほど。
一応小春さんの様子を見て途中の吉備SAでトイレ休憩です。



image.jpg
桃太郎のお供の犬は何犬でしょうか。
紀州犬ぽいかな。



今回はBowWowがホームドッグランのエミーママさん
連絡を取ってご一緒して頂きました。
前回の笠岡ドッグランで初めてお会いして以来です。
「今日もドッグランでハッスルしてきました。」2015/03/08

お久しぶりの遼太君とは会うなりガウガウ合戦です。
お互い気が強いのでこのトークセッションが欠かせません。



P4113404.jpg
そして軽いフレンチキス。
柴犬なのにフレンチ。



P4113409.jpg
そしてしばらく追いかけっこを満喫して、
エミーママ投手によるボール遊びです。



P4113410.jpg
他に甲斐犬の家族3匹もいました。
甲斐犬ってかっこいいですね。
武田信玄も飼っていたのでしょうか(安直)

しばらくはこの国産5匹でボール遊びをしていました。



P4113426.jpg
ボール遊びの中心はこの2匹。
というかちゃんと遊んでいるのは遼太君だけ。
小春さんは何を追いかけているのでしょうか。



この直後、ちょっとした事件がありました。

ボールを追いかけて遼太君や小春さんなど数匹が接近したときに、
何かをきっかけにしてガウガウ合戦が始まったのですが、
やがて小春さんが数匹に圧倒されて転がされてしまいました。

ここまでは今までもよくあることです。
意地を張り出すと体格に劣る小春さんは負けてしまいます。
いつもなら小春さんが尻尾を巻いて逃げて試合終了です。

ただこの時はいつもと行動が違いました。
「ハウ〜ンハウ〜ンハウ〜ン・・・」
と、甲高く気弱な声で鳴いて弱々しく逃げているのです。

今、字面で「ハウ〜ン」と書いて思わず笑ってしまいましたが
その場では何事かと思いすぐに抱き上げました。
いつもは全力でどこかに逃げてしまうので抱き上げられることなどできません。
抱き上げてもしばらくの間は鳴き続けていました。

噛まれた跡も血が出ている様子もなく
特に体には異常も見当たりません。
精神的に寄り切られたのでしょうか。
よくわかりませんがしばらく隔離して様子をみました。

その後、他のワンコ達が心配そうに様子を見に来てくれますが、
なぜか遼太くんだけには近づきたがりません。



P4113433.jpg
そろそろ大丈夫かなと記念撮影。
この小春さんの右への傾き方が何ともいえない。
でも時間とともに距離が戻ってきました。



P4113441.jpg
遼太君のボール遊びに参加したいけど
微妙な距離の小春さん。
嫌なら行かなきゃいいのにね。
素直じゃないね。



ここでお昼休み。
エミーママさんと嫁と3人でランチにしました。



image.jpg
何か犬メニューでも注文しようかと思いましたが、
嫁の「別にいらないんじゃないの」の一声でやめました。
恨むなら嫁を恨め、小春よ。



お昼からもう一度記念撮影です。
P4113448.jpg

image.jpg
若干傾いてるけどだいぶ距離縮まりました。
(岩の上なので逃げ場がないのかもしれませんが)



P4113464.jpg
帰りには仲良く並んで歩きました。
やっぱり精神的なものだったのでしょうかね。



P4113458.jpg
遼太君、いろいろお騒がせしました。
エミーママさんの言うことをよく聞く良い子でした。
これに懲りずまた遊んでやってください。



P4113452.jpg
さっきまで鳴いてたくせに軽く舌ぺろの小春さんです。
涙を武器にする女は嫌われるぞ。
(チョット意味が違う)

今回のBowWowは有料なのですが、
いつもの笠岡ベイファームより芝生で広くて起伏もあり、
小春さんがいつもよりノビノビと走っているように見えました。

たまには新しいドッグランで新しい環境に入れることも大切だと思った次第です。

posted by ぺー at 20:26| Comment(6) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【ブログ村ランキング参加中】
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑もしよければクリックお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。