2015年04月06日

小春さん、ヒマラヤチーズスティックを食す。

1週間前の土曜日のこと。
小春さんのオヤツをペットショップに買いに行った。

お目当てはニューヨークボンボーンとゴン太君のイモ。
ポイポイとカゴに入れる。
場所はもう頭にあるので早いものだ。

でもすぐには帰らない。
ペットたちを眺めなければならない。
義務なのだ。

小春さんをパピーと遊ばせてみる。
パピーが元気で小春さんが戸惑っている。
良い飼い主にめぐり合えるといいな。

いいかげん帰ろうか。
パピーたちに後ろ髪引かれながらレジ待ちの列に並ぶ。

レジ横の棚にふと目が落ちた。
スーパーだと「オクラスナック」とか置いてそうな場所。
そこに「ヒマラヤチーズスティック」があった。
最近ネットで見たやつだ。
条件反射的に手に取り一緒に精算してしまった。

レジに800円と表示されて一瞬怯んだ。
でも負けない。
ていうか今さら言い出せない。




あれから1週間。
すっかりヒマラヤチーズスティックの存在を忘れていたので、
昨日、人間の3時のオヤツに合わせて与えてみた。



image.jpg
ヤクと牛のミルクで作られた100%ナチュラル成分。
硬くて長時間楽しめるそうだ。
800円分はしっかり楽しんでほしい。



image.jpg
犬の嗅覚は人の1億倍。
なのにこれだけ貪欲に嗅ぐ。
見習わなければ。



image.jpg
さんざん匂ってようやく食べた。
新しいものは食べるまでが長い。
勝手に妄想してセリフを重ねると「孤独のグルメ」のようで楽しくなる。



15分ほどで取り上げた。
かなりがじっていたけどあまり減っていない。
長く楽しめそうだ。



つづく
posted by ぺー at 21:30| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【ブログ村ランキング参加中】
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑もしよければクリックお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。