2015年03月25日

小春さんの名前について考える。

ここ最近は少し寒さが戻ってきましたが、
確実に暖かくなってることを実感できる季節です。

よくドッグランなどで名前を聞かれると
「暖かくなってきて小春ちゃんの季節ですね」
なんて言われることがあります。

そもそも「小春」とは何でしょうかね。
辞書ではこのように出ていました。

こはる【小春】
初冬の、穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。
また陰暦10月の異称。(現在の太陽歴で11月)

また俳句における「小春」は冬の季語だそうです。


なんだ季節の春と関係ないじゃないか!
とお怒りの皆様、ご安心ください。

我が家の小春さんの名前は季節の「小春」から選んだわけではありません。

小春さんを我が家に迎えたのが4月でした。
だから本当は「春」という名前を第一候補にしていました。

しかし姪っ子に「はる」が付く子がいたのです。
略すと同じ「はるちゃん」になることが想定されます。

私は別に構いません。
どっちが本当の「はる」か勝負だ、と言い張っても良かったのですが、
明らかにやっかいなおじさんになるので控えました。

ということで我が家に来た小さな春ということで「小春」となりました。
案外多い名前ですが、結構考えたんですよね。

ちなみに血統書では「梓姫」となっていました。
先に知ってれば梓姫でも良かったのにと思いました。



image.jpg
晩御飯食べた報告に来た梓姫。
もしかしたら追加を催促しにきてる?



image.jpg
ロープボールを引っ張る梓姫。
なかなかのおてんば姫です。



何だか急に「あんみつ姫」を思い出しました。


ラベル:名前 梓姫
posted by ぺー at 21:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【ブログ村ランキング参加中】
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑もしよければクリックお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。